スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:-- [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

でも、それだとおかしくない?

2011/11/10(木) 22:59:52 [子育ていろいろ]

昨晩まーくんのお気に入りバーバパパの絵本を読んでいた時のこと。

ま「ママ、この子はどうやってここまで登ったの?」

...と聞いてきた。

IMGP6853.jpg

左上の女の子が山小屋の屋根部分を作っているんだけど、どうやらまーくん的には、この女の子がそもそもどうやったらこんな高いところに登れるのかが疑問だったらしい。

母「あ~この女の子ね...。ほら、まずはこのはしごに登って、それからこの木の枝に足をかけて、それでえいやって屋根の上に登ったんじゃない?木登りが上手な女の子なんだよきっと」
ま「....ここ?この木?」
母「うん、きっとそうだよ」

ま「でも、それだとなんかおかしくない?」

母「???そう?なんでおかしいの?」
ま「だって、この屋根はどうやってここに作ったの?この女の子が作ったの?どうやってこんな形にできたの?」

ムムム...。なるほど。この草を編み合わせた屋根ね...。確かに木の棒がなぜか空中に浮いていて、その浮いた木の棒の間に草を編み込んでいる感じなんだけど、そもそもこの木の枝をどうやってこの空間に設置したのかって考えると、確かに不思議といえば不思議...。

っていうか、よくそんな細かいところまで見てるねまーくん!!!!

母「そっか。まーくんはこの屋根がどうやったらこんな風に作れるのか不思議なんだね」
ま「うん、不思議なの」
母「すご~~~いまーくん(思わず本音)。そんなとこまでママ気がつかなかったよ。確かに不思議だね。確かに不思議だわ。いやぁ不思議だわ!!!」

そこで、どうやったらこの屋根がここに存在可能なのか、考えてみた。

母「じゃ、こういうのはどう?まずね。屋根はこの木の上じゃなくて、地面に置いて作ったんだよきっと。木の棒をこうやって全部地面に並べて、それで草を間に入れてね。まずひととおり屋根を最初に作ってしまってからね、それから屋根を木の上に運んだんじゃない?」
ま「どうやって木の上に運ぶの?」
母「それは、バーバリブ(絵本の中で木の枝を男の子に手渡している眼鏡をかけたオレンジ色の物体)がさぁ、きっと階段に変身して(バーバファミリーはどんなものにでも体の形を変えられる)、いやっ、きっとクレーン車に変身して、地面で作った屋根を木の上に上げてくれたんだよ」
ま「バーバリブが、クレーン車になってウィィィィンって上まであげたの?」
母「そう。それから、この女の子が屋根の上に登って、ちょっと壊れたところを手直ししてるんだよ。どう?この考え。完璧じゃない?」
ま「うーーーーん(しばし熟慮)。いいよその考え方で。合ってるよきっと(若干上から目線)」

ありがとうまーくん、納得してくれて(笑)

最近のまーくん。絵本の絵をよく観察して、自分なりに本の内容と照らし合わせながら、納得できない部分があるととことん突き詰めてくる。

確かに、枝を並行に並べただけじゃフニャフニャなんだよね。インディアン帽の男の子が作ってる壁が先に完成していたら良かったんだろうけどね。もしくは、木の枝を交差させて、その間に草を編み込む構造だと、もう少し強度的にアリなんだろうけど...(って、母ちゃんまで真剣に考えちゃったよっっ)。

それにしても、このイラストの矛盾点に気がつく奴の観察力には正直びっくりした。今回の何気ないやり取りに、まーくんの大きな成長を感じた母ちゃんです。

---

そういえば昔どこかで読んだんだけど、絵本のイラストっていうのは子供にとっては決して静止画ではないんだってね。

絵を見ながらお話を聞いていると、絵本の登場人物や風景が生き生きと自由に動きだすのだそうです。

だからきっと、例えばこうした山小屋づくりの何気ない1コマでも、子供達が枝を運んだりして山小屋を作っている実際の動きを頭の中で再現していくうちに、屋根があんな形であの場所に乗っかっていて、しかもその上に女の子が登って草を木の棒に編み込んでいる風景に違和感を覚えたんだろうね。

つくづく絵本って素晴らしい!

きっとテレビの映像では、こんな深い洞察力を生むことはない気がする。テレビアニメの映像って、大人から見たらめちゃくちゃ矛盾だらけな内容でも、それなりの迫力でどんどん次に進んで行ってしまうから、ゆっくり頭で整理する暇がないと思うんだよね。

夜寝る前の絵本タイム。これからも大切にしたいひと時です。

Comment


>マッキンコ

うちも、父ちゃんがいなかったら絵本タイムはなし!あき坊はまだ絵本をただめくるだけな時期だし、まーくんは、あき坊が絵本を勝手にめくるとキレるし(笑)。絵本タイムは、基本私がまーくん担当。父ちゃんがあき坊担当って図式が成り立つ時だけなんだよね。

絵本って、読んであげてるその時間だけはなんだかゆっくり流れている気がして、バタバタしている日常の中で貴重な癒しタイムだったりするから、子供が嫌がるまではずーーーっと続けたいなぁって思う母ちゃんです。

マッキンコのところは3人だからね、私には未知の世界(憧れ)。自分の年齢を考えるとあと一人は色んな意味でキツそうだからね...。なんかマッキンコのパワフル母ちゃんぶりがちょっとうらやましかったりするよ♡

すごいなぁ、まぁくん。賢すぎる!
家も9時にベッドに入れた時には絵本タイムがあるんだけど、子供3人に翻弄されてなかなか9時に間に合わなかったり、ゆずぽんがタイミング悪く泣いちゃったりしてなかなか絵本タイムがやってこないの。

9時にベッドに入れなくても絵本タイム大事にしたいなぁと思い直したよ。

>ひとみちゃん

久しぶり!最近よく東京にも出没してるんだけど、友達に連絡する暇が全くなくて、相変わらずのご無沙汰続きでごめんなさい...。

子供との会話って本当に面白いよ~~。視点も感性も何もかもがとにかく面白いし、たまに「グッ」とくることを言ってくれたりして、もうその一言だけで一生分の親孝行してもらったような気がしたり♪

ゆうのすけくんもそろそろ歩き出す頃だね~♪♪楽しみだね~~♡
す、す、すごすぎる・・・
ま、まーくんってむちゃくちゃ賢い・・・。

おそるべし幼稚園児♪ 

さすがやすこちゃんの子だけあるし❤

会話が面白くて思わずカキコミです♪

>ミニさとちゃん

へぇぇぇ!ようちゃんって一字一句をちゃんと覚えてるんだね、すごいすごい!!うちは、日によって登場人物に絵の補足説明をしゃべらせたりしてるけど、そこには何もツッコんでこないなぁ(笑)。絵本って、読んでいる側も温かい気持ちになるし、すごくいいよね~~。

おもしろいね☆
絵本のイラストが静止画ではない・・なるほど。そうなんだね。
うちも毎晩ベッドの中での絵本タイムあるけど、「えっ!?そこ気になる!?」ってとこ指摘するよね。
んで、文章を全部覚えてて例えば「だよ」が「よ」になっただけで「ちがーう」って言われちゃうよ。
たくさんたくさん絵本を読んであげたいね♪

Post Comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

トラックバックURLはこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。